29日午前の東京市場でドル・円は130円60銭台で推移。130円台後半から131円台前半の価格帯で利食い売りの興味が残されており、ドルは一時伸び悩んだ。ただし、日米の長期金利差がただちに縮小する可能性は低いため、目先的にドル・円は130円台前半を維持する可能性は高いとみられている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円46銭から130円95銭、ユーロ・ドルは、1.0491ドルから1.0527ドル、ユーロ・円は137円26銭から137円51銭。