29日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り、130円前半まで下落後は値を戻す展開。東京市場の大型連休入りで取引が乏しいなか、米10年債利回りの低下でドル売りが先行した。ただ、日銀による緩和的な金融政策の堅持で円売りは継続し、主要通貨は対円で下げづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円46銭から130円95銭、ユーロ・円は137円26銭から137円51銭、ユーロ・ドルは1.0491ドルから1.0527ドル。