29日午後の東京市場でドル・円は本日安値を更新し、130円10銭台に値を下げた。前日の円売りが巻き戻され、主要通貨は対円で下落基調に。フランスの国内総生産(GDP)は予想外に弱く、回復期待のユーロ買いは後退。この後のドイツのGDPも注目される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円17銭から130円95銭、ユーロ・円は137円20銭から137円56銭、ユーロ・ドルは1.0491ドルから1.0548ドル。