日経平均は39円安(13時20分現在)。日経平均寄与度では、アドバンテスト<6857>、東エレク<8035>、ファナック<6954>などがマイナス寄与上位となっており、一方、ファーストリテ<9983>、村田製<6981>、ソフトバンクG<9984>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、建設業、その他製品、電気・ガス業、サービス業、精密機器が値下がり率上位、海運業、空運業、ゴム製品、ガラス土石製品、金属製品が値上がり率上位となっている。



日経平均は小幅安水準で推移している。外為市場で130円30銭前後と朝方に比べ60-70銭ほど円安・ドル高に振れたことが輸出株などの買い安心感となり、株価下支え要因となっているようだ。