2日午後の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、130円40銭台に浮上した。米10年債利回りの小幅上昇を受け、ややドル買いに振れた。ただ、中国や香港の休場で商いは薄く、方向感は乏しい。日経平均株価はマイナスで取引を終えたが、円買いは限定的。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は129円61銭から130円48銭、ユーロ・円は136円75銭から137円38銭、ユーロ・ドルは1.0510ドルから1.0564ドル。