3日午後の東京市場でドル・円はもみ合い、130円を挟んだ値動きが続く。米10年債利回りの高止まりで、ドルは全般的に売りづらいようだ。一方、ユーロ・ドルはユーロへの下押し圧力も1.05ドル付近では買戻しが強まり、底堅さが目立っている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は129円86銭から130円25銭、ユーロ・円は136円65銭から136円89銭、ユーロ・ドルは1.0501ドルから1.0526ドル。