4日午前のアジア市場でドル・円は引き続き130円10銭台で推移。米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の結果判明を日本時間5日未明に控えており、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続くとみられている。ただし、ポジション調整的なドル売りは一巡したようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円04銭から130円21銭、ユーロ・ドルは、1.0518ドルから1.0534ドル。ユーロ・円は136円90銭から137円08銭。