4日午後の東京市場でドル・円は130円10銭台と、底堅い値動きが続く。日本や中国の休場で具体的な材料が乏しいなか、積極的に動きづらい。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)でのタカ派的な政策決定を見込んだドル買いに振れ、主要通貨は対ドルで下押しされている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円04銭から130円21銭、ユーロ・円は136円81銭から137円08銭、ユーロ・ドルは1.0511ドルから1.0534ドル。