4日のニューヨーク外為市場でドル・円は130円38銭まで上昇後、128円63銭まで反落し、引けた。

連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で、市場の予想通り、政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.50ポイント引き上げ、利上げ継続が適切となると言及。バランスシート縮小を巡り、6月1日から月額475憶ドルで開始し、3カ月後に最大月額950億ドルへ段階的に増やす計画を明らかにした。パウエル議長が会見で今後数回会合での0.5%の利上げを示唆すると一時ドル買いが強まった。しかし、0.75%の利上げはFOMCが積極的に検討するものではないと発言すると、6月、7月の0.75%の利上げ確率が後退。金利の低下に伴い利食いのドル売りに拍車がかかった。


  


ユーロ・ドルは1.0510ドルまで下落後、1.0626ドルまで反発し、引けた。



ユーロ・円は137円43銭まで上昇後、136円61銭まで反落した。


 

ポンド・ドルは1.2452ドルまで下落後、1.2601ドルまで上昇した。


  


ドル・スイスは0.9853フランまで上昇後、0.9728フランまで下落した。

   
   
   
   

[経済指標]
・米・4月ADP雇用統計:+24.7万人(予想:+38.3万人、3月:+47.9万人←+45.5万人)
・米・3月貿易収支:-1098億ドル(予想:-1071億ドル、2月:-898億ドル←-892億ドル)・米・4月サービス業PMI改定値:55.6(予想:54.7、速報値:54.7)
・米・4月総合PMI改定値:56.0(速報値:55.1)
・米・4月ISM非製造業景況指数:57.1(予想:58.5、3月:58.3)

【金融政策】
・米連邦公開市場委員会(FOMC)
・政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.50ポイント引き上げ、0.
75-1.00%に決定
「B/S削減、6月1日から月額475憶ドルで開始、3カ月後に最大月額950億ドルへ」「利上げ継続が適切となると想定」