(13時50分現在)



S&P500先物      4,300.30(+0.1)

ナスダック100先物  13,533.40(-2.3)





米株式先物市場でS&P500先物は小幅高、ナスダック100先物は小幅安、NYダウ先物は20ドル高。NY原油先物(WTI)は強含み、本日の米株式市場は売り買い交錯となりそうだ。





4日の主要3指数は大幅続伸。前日終値付近で推移していたが、終盤に急伸し、3日連続プラスのダウは1000ドル近い上昇で34000ドル台を回復した。焦点の連邦公開市場委員会(FOMC)では、利上げ幅拡大や保有資産の縮小など一段の金融引き締めを加速。ただ、今後の政策決定で極端な利上げの可能性に慎重な見解が示されたことから、買戻しが優勢に。とりわけ長期金利の低下でハイテク株が買われ、指数を大きく押し上げた。





本日は伸び悩みか。連邦準備制度理事会(FRB)による巡航速度の引き締め政策を消化する展開で、買いは継続しそうだ。ただ、前日の急伸による反動で、買いはやや慎重になる見通し。4日に発表されたADP雇用統計は予想を下回り、今晩の新規失業保険申請件数が想定内の内容なら明日の雇用統計の改善を期待した買いを抑制しよう。一方、企業決算はピークを迎え、割安感の生じた好業績銘柄が物色されれば指数を押し上げるだろう。