5日午後の東京市場でドル・円は129円20銭台と、ほぼ変わらずの値動き。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後は金利安に振れたが、米10年債利回りは下げ止まり、ドルは売りづらいもよう。一方、米株式先物のプラス圏での推移で、円買いは後退している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円76銭から129円55銭、ユーロ・円は136円83銭から137円54銭、ユーロ・ドルは1.0604ドルから1.0642ドル。