ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後137円50銭(2018/2/2)まで買われたあと、長く伸び悩んだが、日欧金利差の拡大観測が広がり、一時140円00銭(2022/04/21)まで買われている。米政策金利が大幅に上昇する可能性が再浮上している。また、ウクライナとロシアの戦闘が短期間で終わる可能性は低いこと、欧州におけるエネルギー供給不安は消えていないことから、ユーロ買い・円売りがただちに広がる可能性は低いとみられる。



【ユーロ売り要因】

・米長期金利の上昇

・欧州におけるエネルギー供給不安

・ウクライナとロシアの戦闘は長期化の公算



【ユーロ買い要因】

・米長期金利の低下

・日欧金利差拡大の思惑

・代替エネルギー確保の可能性