6日午後の東京市場でドル・円は底堅く、130円60銭台で推移する。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融正常化が期待されるが、今晩発表の雇用統計は強弱まちまちと予想される。また、FRB当局者は過度な引き締めに慎重とみられ、ドルの上昇は小幅にとどまりそうだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円10銭から130円81銭、ユーロ・円は137円20銭から137円65銭、ユーロ・ドルは1.0516ドルから1.0550ドル。