(13時50分現在)



S&P500先物      4,142.80(-11.5)

ナスダック100先物  12,832.10(-63.0)





米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は軟調、NYダウ先物は20ドル安。NY原油先物(WTI)は強含み、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。





5日の主要3指数は急反落。序盤から下げ幅を拡大する展開となり、ダウの下げ幅は1000ドル超と33000ドルを割り込んで取引を終えた。連邦公開市場委員会(FOMC)での政策内容は想定内だったものの、原油相場の再上昇でインフレ高進の影響を懸念した売りが優勢に。連邦準備制度理事会(FRB)は金融正常化の方針を緩めておらず、長期金利は上昇。全般的に売りが強まるなか、アップルなどハイテク関連への売りが下げを主導した。





本日は下げ渋りか。インフレ懸念は残るものの、5日の急激な下げにより自律反発狙いの買いが入りやすい。一方、今晩発表の雇用統計で失業率は改善が予想されるものの、非農業部門雇用者数と平均時給は前回から伸びが鈍化する見通し。コロナ禍からの回復に一服感が示されれば株買いを弱める半面、FRBの過度な引き締めへの思惑は後退する可能性も。その際には足元で発表された決算を手がかりに、好業績銘柄への買戻しが指数の下げを抑える。