6日午後の東京市場でドル・円は130円50銭台と、変わらずの値動き。日経平均株価の上げ幅拡大が好感され、円売りが主要通貨を支える。一方、ユーロ・ドルは前日の海外市場で大きく下げたが、1.05ドル付近がサポートラインと意識され、その後も下げ渋る。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円10銭から130円81銭、ユーロ・円は137円20銭から137円65銭、ユーロ・ドルは1.0516ドルから1.0550ドル。