9日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米金融正常化への思惑から、金利先高観を背景にドル買い継続の見通し。また、ウクライナ情勢の不透明感で欧州通貨売りに振れやすく、ドルは上昇基調を維持すると予想される。



前週末に発表された米雇用統計は全般的に底堅い内容となり、連邦準備制度理事会(FRB)による金融正常化への思惑からドル買い優勢に。欧州中銀(ECB)当局者は早期利上げを主張したがユーロ・ドルは反落し、ドル・円は130円後半に浮上。週明けアジア市場でもその流れが受け継がれ、米10年債利回りの先高観からドル買いが先行している。また、ウクライナ情勢悪化への警戒感からリスクオフのムードが広がり、欧州通貨が安い。



この後の海外市場は、引き続き日米金融政策の違いに着目したドル買い・円売りに振れやすい展開となりそうだ。また、ロシアの対独戦勝記念日でウクライナへの攻撃が激化するとの懸念から、欧州をはじめ主要通貨売りに振れやすい。一方で、ドルには有事の買いが強まる見通し。NY株式市場はリスクオフの売りが見込まれるものの、ドル・円は上昇基調を維持しよう。4月28日に付けた131円25銭を上抜ければ、131円半ばを目指すだろう。



【今日の欧米市場の予定】

・23:00 米・3月卸売在庫改定値(前月比予想:+2.3%、速報値:+2.3%)