11日午前の東京市場でドル・円は130円40銭近辺で推移。中国本土株式は堅調地合いとなっており、目先的にリスク回避的な為替取引が増える可能性は低いとみられる。ただし、日本時間夜に4月米消費者物価指数の発表を控えており、投資家の多くは様子見姿勢となりつつある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円23銭から130円47銭、ユーロ・ドルは、1.0526ドルから1.0537ドル。ユーロ・円は137円20銭から137円42銭。