欧州市場でドル・円は129円60銭付近まで下落後、129円70銭台にやや値を戻した。ラガルド欧州中銀(ECB)総裁の利上げに前向きな発言を受けたユーロ買いは一服し、足元は1.0550ドル台に失速。全般的に動意は乏しく、方向感は出ていないようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は129円59銭から130円08銭、ユーロ・円は136円91銭から137円32銭、ユーロ・ドルは1.0550ドルから1.0576ドル。