■NY株式:NYダウ326ドル安、インフレ定着を警戒



米国株式市場は大幅下落。ダウ平均は326.63ドル安の31834.11ドル、ナスダックは373.44ポイント安の11364.23で取引を終了した。中国のコロナ流行状況が改善したとの報道で世界経済成長の減速懸念が後退し、寄り付き後、上昇。しかし、国内の4月消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったため、連邦準備制度理事会(FRB)の引き締めにもかかわらず高インフレが定着すると同時に、成長減速にもつながるとの懸念も広がり、下落に転じた。ハイテクの売りも加速し、引けにかけて主要株式指数は下げ幅を拡大。セクター別ではエネルギーが小幅上昇した一方で、自動車・自動車部品やテクノロジー・ハード・機器が下落した。



重機メーカーのキャタピラー(CAT)はエネルギー会社のタンジェント・エナジー買収を好感した買いが継続し、上昇。エネルギ—資源のオクシデンタル・ペトロリアム(OXY)は第1四半期決算で1株利益が予想を上回り、上昇した。また、会計サービス会社のH&Rブロック(HRB)は通年の収益見通しを上方修正し、大幅高。ドーナッツチェーンのクリスピークリーム(DNUT)は第2四半期の純利益が予想を上回り上昇した。一方で、ファーストフードチェーンのウェンディーズ(WEN)は労働コストの上昇が響き利益率が低下、さらに既存店売上も予想を下回り、大幅安。ビデオゲーム制作のユニティーソフトウェア(U)は決算の内容が予想を下回り、大きく売られた。



エンターテインメントのディズニー(DIS)は取引終了後に決算を発表。第2四半期の同社の動画配信の契約者数が予想を上回ったため、時間外取引で買われている。



Horiko Capital Management LLC





■NY為替:インフレ鈍化の思惑後退も景気減速懸念でドル売りが一時強まる



11日のニューヨーク外為市場でドル・円は130円81銭まで上昇後、129円45銭まで反落し、129円96銭で引けた。米4月消費者物価指数(CPI)が前月から鈍化も予想を上回ったため金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。同時に景気後退入りへの懸念も強まると、その後、金利が低下に転じドル売りが優勢となった。株安に連れたリスク回避の円買いも強まった。



ユーロ・ドルは1.0502ドルまで下落後、1.0577ドルまで反発し、1.0515ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は純債券購入終了後、数週間後、7月にも利上げに踏み切る可能性を示唆したためユーロ買いが優勢となった。ユーロ・円は137円71銭まで上昇後、136円18銭まで反落。ポンド・ドルは1.2400ドルまで上昇後、1.2238ドルまで反落した。ドル・スイスは0.9961フランまで上昇後、0.9875フランまで反落した。





■NY原油:大幅反発で105.71ドル、需給ひっ迫を意識した買いが入る



NY原油先物6月限は大幅反発(NYMEX原油6月限終値:105.71 ↑5.95)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は、前営業日比+5.95ドルの105.71ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは98.20ドル-106.44ドル。製品在庫の減少が続いており、需給ひっ迫を意識した買いが入ったようだ。米国株安が多少嫌気されたが、ニューヨーク市場の終盤にかけて106.44ドルまで一段高となった。通常取引終了後の時間外取引では主に105ドル台で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  35.57ドル   -0.19ドル(-0.53%)

モルガン・スタンレー(MS) 78.89ドル   -1.37ドル(-1.71%)

ゴールドマン・サックス(GS)301.55ドル  -3.51ドル(-1.15%)

インテル(INTC)        42.83ドル   -1.18ドル(-2.68%)

アップル(AAPL)        146.50ドル  -8.01ドル(-5.18%)

アルファベット(GOOG)    2279.22ドル -12.47ドル(-0.54%)

フェイスブック(FB)     188.74ドル  -8.91ドル(-4.51%)

キャタピラー(CAT)      205.21ドル  +2.22ドル(+1.09%)

アルコア(AA)         56.66ドル   +0.82ドル(+1.47%)

ウォルマート(WMT)      147.62ドル  -1.56ドル(-1.05%)