12日午後の東京市場でドル・円は129円80銭付近と、動意の薄い値動きが続く。強い米インフレ指標が意識される半面、米10年債利回りは戻りが鈍く、ドル買いは限定的。一方、米株式先物の弱含みを受け今晩の株安への警戒感から円買いに振れ、クロス円は失速している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は129円51銭から130円05銭、ユーロ・円は136円21銭から136円75銭、ユーロ・ドルは1.0508ドルから1.0529ドル。