欧州市場でドル・円は128円前半まで下落後、足元は128円60銭台で推移。米10年債利回りの低下で、ドルは円に対し売られやすい。一方、欧州株式市場は大幅安、米株式先物は下げ幅を拡大しており、今晩の株安を警戒した円買いが引き続き主要通貨を下押しする。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円39銭から128円87銭、ユーロ・円は134円01銭から134円79銭、ユーロ・ドルは1.0422ドルから1.0465ドル。