米4月生産者物価指数(PPI)は前月比+0.5%と、伸びは過去最大となった3月+1.6%から鈍化した。前年比では+11.0%。伸びは3月+11.5%から鈍化も予想は上回った。変動の激しい食品や燃料を除いたコアPPIは前月比+0.4%と、3月+1.2%から予想以上に鈍化。前年比では+8.8%。伸びは3月+9.6%から予想以上に鈍化した。



また、同時刻に発表された先週分新規失業保険申請件数(5/7)は前週比1000件増の20.3万件と、前回20.2万件から予想外に増加した。失業保険継続受給者数(4/30)は134.3万人と、前回138.7万人から予想以上に減少し1969年来で最小となった。



PPIが予想以上に鈍化したほか、失業保険申請件数が予想外に増加したため米国債相場が上昇。米10年債利回りは2.82 %まで低下しドル売りが強まった。ドル・円は128円74銭から128円05銭まで下落。ユーロ・ドルは1.0389ドルから1.0423ドルまで上昇した。



【経済指標】

・米・先週分新規失業保険申請件数:20.3万件(予想:19.3万件、前回:20.2万件←20.0万件)

・米・失業保険継続受給者数:134.3万人(予想:137.2人、前回:138.7万人←138.4万人)

・米・4月生産者物価指数:前月比+0.5%(予想:+0.5%、3月:+1.6%←+1.4%)

・米・4月生産者物価コア指数:前月比+0.4%(予想:+0.7%、3月:+1.2%←+1.0%)

・米・4月生産者物価指数:前年比+11.0%(予想:+10.7%、3月:+11.5%←+11.2%)

・米・4月生産者物価コア指数:前年比+8.8%(予想:+8.9%、3月:+9.6%←+9.2%)