13日午後の東京市場でドル・円は値を戻し、129円付近で推移する。前日は英国経済の不透明感やフィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟申請をめぐる地政学リスクが懸念された。ただ、本日は日経平均株価の大幅安などで警戒は一服し、円買いは後退している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円28銭から129円36銭、ユーロ・円は133円12銭から134円30銭、ユーロ・ドルは、1.0373ドルから1.0389ドル。