NY外為市場でユーロ・ドルは1.0350ドルまで下落し2017年1月来の安値を更新した。ウクライナ戦争により域内経済の成長減速懸念がユーロ売りに繋がったほか、米10年債利回りが2.9%まで上昇しドル買いが優勢となった。



ユーロ・円は134円05銭から133円60銭まで下落。ユーロ・ポンドは0.8500ポンドまで弱含んだ。



米10年債利回りは2.9%まで上昇した。