■NY株式:NYダウ26ドル高、ハイテクが重し



米国株式市場はまちまち。ダウ平均は26.76ドル高の32223.42ドル、ナスダックは142.21ポイント安の11662.79で取引を終了した。中国の鉱工業生産や小売りの悪化、NY連銀製造業景気指数が予想外のマイナスに落ち込んだため世界経済の成長鈍化を警戒し、寄り付き後、下落。ただ、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースが従来想定されたほど急速にならないとの見方も同時に浮上し、金利が低下するとダウは上昇に転じた。ハイテク株では利食いと見られる売りが続き、下落。セクター別ではエネルギー、電気通信サービスが上昇、自動車・自動車部品が下落した。



エネルギー資源会社のオキシデンタル・ペトロリアム(OXY)やマラソンオイル(MRO)、デボン・エナジー(DVN)は原油高を受けて収益拡大期待にそれぞれ上昇。また、製薬会社のイーライリリー(LLY)は食品医薬品局(FDA)が同社製の新規糖尿病治療薬tirzepatideを承認したため、買われた。配信動画のネットフリックス(NFLX)やオンライン賭けサイトを運営するドラフトキング(DKNG)は、アナリストの投資判断引上げで、それぞれ上昇。



一方、ファーストフード・チェーンのマクドナルド(MCD)はロシアからの完全撤退を発表し、下落した。短文投稿サイトのツィッター(TWTR)は電気自動車メーカー、テスラ(TSLA)のマスク最高経営責任者(CEO)が「安い価格での買収は問題外ではない」ツイートし、下げた。テスラ(TSLA)は上海工場の生産が都市封鎖前の水準に追い付いていないとの報道を嫌気し、下落。投資家の恐怖心理を示すVIX指数は27.36まで低下した。



Horiko Capital Management LLC





■NY為替:世界経済の減速懸念でドルは上げ渋る



16日のニューヨーク外為市場でドル・円は、129円62銭まで上昇後、128円99銭まで反落し、129円07銭で引けた。朝方発表された米5月NY連銀製造業景気指数は予想外のマイナスに落ち込んだほか、中国の鉱工業生産や小売りの悪化で米国経済や世界経済の成長減速懸念にリスク回避の円買いや、10年債利回り低下に伴うドル売りが優勢となった。



ユーロ・ドルは1.0390ドルまで下落後、1.0443ドルまで上昇し、1.0432ドル引けた。ビルロワドガロー仏中銀総裁は「ECBの政策正常化、明確なコンセンサスが台頭」と発言し、ECBの利上げを織り込むユーロ買いと、欧州委員会経済予測で、ロシアガス停止なら欧州経済がゼロ成長に落ち込む可能性を警告したことを受けたユーロ売りに上値も限定的となった。ユーロ・円は135円05銭まで上昇後、134円14銭まで反落。ポンド・ドルは1.2236ドルへ下落後、1.2330ドルまで上昇した。ドル・スイスは1.0065フランまで上昇後、1.0008フランまで反落した。





■NY原油:続伸で114.20ドル、需給ひっ迫を警戒した買いが入る



NY原油先物6月限は続伸(NYMEX原油6月限終値:114.20 ↑3.71)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は、前営業日比+3.71ドルの114.20ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは108.11ドル-114.90ドル。中国経済指標の悪化を嫌ってアジア市場で108.11ドルまで下げたが、需給ひっ迫を警戒した買いが新たに入ったことで、ニューヨーク市場の取引終盤にかけて114.90ドルまで一段高となった。通常取引終了後の時間外取引では114ドルを挟んだ水準で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  34.81ドル   -0.36ドル(-1.02%)

モルガン・スタンレー(MS) 79.90ドル   -0.64ドル(-0.79%)

ゴールドマン・サックス(GS)303.44ドル  -3.55ドル(-1.16%)

インテル(INTC)        43.08ドル   -0.52ドル(-1.19%)

アップル(AAPL)        145.54ドル  -1.57ドル(-1.07%)

アルファベット(GOOG)    2295.85ドル -34.46ドル(-1.48%)

フェイスブック(FB)     200.04ドル  +1.42ドル(+0.71%)

キャタピラー(CAT)      207.19ドル  +2.86ドル(+1.40%)

アルコア(AA)         60.28ドル   +2.05ドル(+3.52%)

ウォルマート(WMT)      148.21ドル  +0.16ドル(+0.11%)