17日午前の東京市場でドル・円は上昇し、一時129円27銭まで値を上げた。米10年債利回りの持ち直しで、仲値にかけてドル買いが膨らんだ。その後ドル買いは一服し、やや失速。ただ、日経平均株価はプラスを維持し、円売りがドルを支えているもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円86銭から129円27銭、ユーロ・円は134円49銭から135円12銭、ユーロ・ドルは1.0429ドルから1.0454ドル。