17日午前の東京市場でドル・円はじり高となり、本日高値圏の129円30銭台に浮上した。日銀副総裁が衆院での答弁で現行の緩和政策を維持する考えを強調し、円売りを強めた。また、日経平均株価は上げ幅を拡大し、ドルやユーロ、豪ドルなど主要通貨を押し上げている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円86銭から129円34銭、ユーロ・円は134円49銭から135円13銭、ユーロ・ドルは1.0429ドルから1.0454ドル。