17日午前の東京市場でドル・円は129円30銭付近と、本日高値圏で推移している。午前中に公表された豪準備銀行の議事要旨は追加利上げの可能性に言及し、豪ドルは買いが強まった。豪ドル・ドルは節目の0.70ドル台を回復し、豪ドル・円は90円台半ばに浮上。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円86銭から129円35銭、ユーロ・円は134円49銭から135円13銭、ユーロ・ドルは1.0429ドルから1.0454ドル。