17日午後の東京市場でドル・円はしっかりの値動きで、一時129円44銭まで値を切り上げた。日経平均株価や米ダウ先物などの株価指数が強含み、安全通貨のドルは全般的に買いが後退しているもよう。ただ、米10年債利回りの上昇を受け、対円では堅調地合いに。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円86銭から129円44銭、ユーロ・円は134円49銭から135円15銭、ユーロ・ドルは1.0429ドルから1.0454ドル。