17日午後の東京市場でドル・円は129円30銭台と、変わらずの値動き。ドイツの政局リスクで前日大きく売り込まれたユーロが買い戻され、ユーロ・円は135円半ばに上昇しクロス円をけん引。ドル・円はユーロ・ドルの強含みで、やや下押しされている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円86銭から129円44銭、ユーロ・円は134円49銭から135円51銭、ユーロ・ドルは1.0429ドルから1.0474ドル。