18日午後の東京市場でドル・円は一時128円94銭まで値を下げたが、その後は129円付近に戻した。米10年債利回りはやや持ち直し、ドル売りは後退。一方、中国や香港の株安や米株式先物の弱含みが嫌気されるものの、リスク回避の円買いは一服している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円94銭から129円54銭、ユーロ・円は135円76銭から136円67銭、ユーロ・ドルは1.0524ドルから1.0564ドル。