18日午後の東京市場でドル・円は底堅く、129円20銭台で推移。15時に発表された英国の消費者物価指数でインフレ高進が示されたが、予想を下回る内容となったためポンド売りに振れている。欧州通貨売りでドルが買われ、対円では小幅に押し上げられた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円94銭から129円54銭、ユーロ・円は135円76銭から136円67銭、ユーロ・ドルは1.0516ドルから1.0564ドル。