NY外為市場でドル・円は128円01銭まで下落した。かろうじて128円台を保っている。

ユーロ・円は135円88銭から134円12銭まで下落。ユーロ・ドルは1.0540ドルから1.0476ドルまで下落した。

高金利や急激な引き締めにより、景気後退入りするとの懸念が再燃。安全資産としての米国債の購入、質への逃避のドル買い、リスク回避の円買いが優勢となった。