19日午前の東京市場でドル・円は128円40銭台で推移。朝方に欧米株安を嫌気したリスク回避の円買いが一段と強まり、ドル・円は127円90銭まで下落した。クロス円取引に絡んだ円買いも観測された。ただ、顧客筋などのドル買いが128円近辺で観測されており、ドル・円は128円48銭まで戻している。ここまでの取引レンジは、ドル・円は127円90銭から128円48銭、ユーロ・ドルは、1.0461ドルから1.0486ドル。ユーロ・円は133円95銭から134円69銭。