19日の東京市場でドル・円は上げ渋り。米10年債利回りの上昇に追随し、朝方に127円90銭まで下落後は切り返した。午後は米株式先物の反発を受け、今晩の株高への期待感から円売りで一時128円94銭まで上昇。ただ、その後は利益確定売りに押される展開となった。



・ユーロ・円は133円95銭から135円54銭まで上昇した。

・ユーロ・ドルは1.0461ドルから1.0506ドルまで値を上げた。



・17時時点:ドル・円128円10-20銭、ユーロ・円134円40-50銭

・日経平均株価:始値26,435.32円、高値26,458.85円、安値26,150.09円、終値26,402.84円(前日比508.36円安)



【要人発言】

・NZ政府

「GDP成長率は2022-23年に+4.2%、CPIは25年6月末に目標値1-3%に戻る」

・ジョルダン・スイス国立銀行総裁

「必要なら為替介入の用意」



【経済指標】

・日・4月貿易収支:-8392億円(予想:-1兆1500億円、3月:-4124億円←-4141億円)

・日・3月機械受注(船舶・電力を除く民需):前月比+7.1%(予想:+3.9%、2月:-9.8%)

・豪・4月失業率:3.9%(予想:3.9%、3月:4.0%)

・豪・4月雇用者数増減:+0.40万人(予想:+3.00万人、3月:+1.79万人)

・ユーロ圏・3月経常収支:-16億ユーロ(2月:+157億ユーロ←+208億ユーロ)