日経平均は28円安(14時20分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ファナック<6954>などがマイナス寄与上位となっており、一方、ソフトバンクG<9984>、KDDI<9433>、ファーストリテ<9983>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、非鉄金属、精密機器、石油石炭製品、電気機器、医薬品が値下がり率上位、空運業、陸運業、輸送用機器、ゴム製品、ガラス土石製品が値上がり率上位となっている。



日経平均は安値圏での動きとなっている。新たな手掛かり材料に乏しく、積極的な買いはやや見送られているようだ。市場では引き続き米国景気への関心が高い。今晩は米国で1-3月期の米実質国内総生産(GDP・改定値)、7月の米仮契約住宅販売指数などが発表される。