27日午後の東京市場でドル・円は126円80銭台と、安値圏でのもみ合い。米10年債利回りの先安観からドル売りに振れやすく、目先も下落基調が続く見通し。下値メドとして24日安値の126円35銭が意識され、その水準を下抜ければ126円とみられている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は126円67銭から127円21銭、ユーロ・円は136円21銭から136円60銭、ユーロ・ドルは1.0719ドルから1.0765ドル。