30日午後の東京市場でドル・円は127円近辺で推移。日経平均の大幅高を意識した為替取引は依然として増えていないようだ。米国市場が休場となるため、リスク選好的な為替取引が拡大する可能性は低いとみられる。ここまで取引レンジは、ドル・円は126円86銭から127円34銭、ユーロ・ドルは、1.0726ドルから1.0761ドル。ユーロ・円は136円25銭から136円65銭。