30日午後の東京市場でドル・円は127円20銭近辺で推移。米国市場が休場となるため、ドル・円を含めた主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続いている。ただ、ユーロ・円などクロス円取引に絡んだ円売りが観測されており、この影響でドル・円は下げ渋っているようだ。ここまで取引レンジは、ドル・円は126円86銭から127円34銭、ユーロ・ドルは、1.0726ドルから1.0761ドル。ユーロ・円は136円25銭から136円90銭。