31日午後の東京市場でドル・円は底堅く、128円付近に値を戻しつつある。時間外取引の米ダウ先物はマイナスに転じ、今晩の株安を警戒した円買いに振れやすい。一方、米10年債利回りの先高観からドル買い基調となり、主要通貨は対ドルで上げ渋る。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は127円53銭から128円34銭、ユーロ・円は137円20銭から137円98銭、ユーロ・ドルは1.0727ドルから1.0778ドル。