31日の東京市場でドル・円は上げ渋り。早朝の取引で127円53銭を付けた後、米10年債利回りの上昇でドル買い優勢となり、一時128円34銭まで値を切り上げた。ただ、128円台で利益確定売りが強まったほか日本株安で円買いに振れ、午後は127円台に失速。



・ユーロ・円は137円98銭から137円20銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.0778ドルから1.0727ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円127円70-80銭、ユーロ・円137円10-20銭

・日経平均株価:始値27,318.09円、高値27,463.33円、安値27,250.70円、終値27,279.80円(前日比89.63円安)



【要人発言】

・ビルロワドガロー仏中銀総裁

「物価は金融正常化の必要性を示す」

・米ホワイトハウス

「バイデン大統領とパウエルFRB議長が日本時間6月1日午前2時15分から会談)

・フォンデアライエン欧州委員長

「欧州連合(EU)首脳は新たな対ロ制裁パッケージを原則合意」



【経済指標】

・日・4月有効求人倍率:1.23倍(予想:1.23倍、3月:1.22倍)

・日・4月失業率:2.5%(予想:2.6%、3月:2.6%)

・日・4月鉱工業生産:前月比-1.3%(予想:-0.2%、3月:+0.3%)

・中・5月製造業PMI:49.6(予想:49.0、4月:47.4)

・中・5月非製造業PMI:47.8(予想:45.0、4月:41.9)

・豪・1-3月期経常収支:+75億豪ドル(予想:+132億豪ドル、10-12月期:+132億豪ドル←+127億豪ドル)

・スイス・1-3月期GDP:+4.4%(前年比予想:+4.3%、10-12月期:+3.6%←+3.7%)

・独・5月失業率:5.0%(予想:5.0%、4月:5.0%)