1日午前の東京市場でドル・円は強含み。朝方に127円64銭まで下げたが、引き続き米長期金利が上昇したことを好感、ドル需要が増加して129円00銭まで買われている。ユーロ・円は強含み、138円07銭から138円37銭まで買われた。ユーロ・ドルは弱含みとなり1.0738ドルまで買われた後、1.0725ドルまで下げる展開。