1日午後の東京市場でドル・円はじり高となり、129円20銭台と高値圏での推移が続く。米10年債利回りは上げ渋っているものの、先高観からドル買いに振れやすい。一方、時間外取引の米ダウ先物は強含み、今晩の株高を期待した円売りが主要通貨を支える。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円65銭から129円25銭、ユーロ・円は138円10銭から138円50銭、ユーロ・ドルは1.0708ドルから1.0738ドル。