■NY株式:NYダウ176ドル安、根強い景気後退懸念



米国株式市場は続落。ダウ平均は 176.89ドル安の32813.23ドル、ナスダックは86.93ポイント安の11994.46で取引を終了した。寄り付きは上昇。前日引け後に市場予想を上回る四半期決算を発表したセールスフォースが大幅高となり相場を押し上げ、また他のハイテク株にも買いが波及した。5月ISM製造業景況指数が予想外の上昇となったことで長期金利が上昇。さらに原油価格が再び上昇したことで連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な利上げへの警戒感が再び意識され、下げに転じた。取引終盤に向けて下げ幅を縮小させたが、下落のまま取引を終えた。セクター別では、エネルギーが上昇。一方、自動車・自動車部品や食品・生活必需品小売り、銀行などが大きく下げた。



企業向けソフトウェアの開発に従事するセールスフォース(CRM)は前日引け後に発表した四半期決算が市場予想を上回ったほか、通期の利益見通しを上方修正したことを受け上昇。女性用アパレルブランドのヴィクトリアズ・シークレット(VSCO)も四半期決算が市場予想を上回る内容で上昇した。JPモルガン・チェースのダイモンCEOが経済の「ハリケーン」に備えよと警告したことを受け、特殊化学品メーカーのアルべマール(ALB)や肥料メーカーのモザイク(MOS)といった景気敏感株が大きく下落。デルタ航空(DAL)は今期の売上高見通しを上方修正し、新型コロナの流行前の水準に戻るとの見通しを示したが、株は売られた。メタ・プラットフォームズ(FB)はシェリル・サンドバーグCOOが退任すると伝わり下落した。



連邦準備制度理事会(FRB)は新型コロナ禍で9兆ドル規模に膨らんだバランスシートの圧縮を開始。ランオフのペースは月間で当初、米国債や住宅ローン担保証券(MBS)など計475億ドルに上限を設定している。



Horiko Capital Management LLC





■NY為替:米業況・雇用指標受けた一段の金利上昇でドル買い



1日のニューヨーク外為市場でドル・円は、129円21銭まで下落後、130円19銭まで上昇し、130円15銭で引けた。米10年債利回りが2.83%台に低下する動きにともないドル売りが先行。その後、米国の5月ISM製造業景況指数が低下予想に反して上昇し、4月JOLT求人件数も予想を上回り、3月分が上方修正されたことを受けて、10年債利回りが2.94%台まで上げドル買いが強まった。



ユーロ・ドルは1.0730ドルまで上昇後、1.0627ドルまで下落し、1.0650ドルで引けた。ユーロ・円は138円85銭から138円20銭まで下落した。



ポンド・ドルは1.2600ドルまで上昇後、1.2459ドルまで下落。ドル・スイスフランは0.9596フランまで下落後、0.9659フランまで上昇した。





■NY原油:小幅高で115.26ドル、需給ひっ迫の懸念残る



NY原油先物7月限は小幅高(NYMEX原油7月限終値:115.26 ↑0.59)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は、前営業日比+0.59ドルの115.26ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは114.58ドル-117.87ドル。原油増産の思惑は消えていないことから、アジア市場で114.58ドルまで下げたが、需給ひっ迫の懸念も残されており、ニューヨーク市場の序盤で117.87ドルまで買われている。通常取引終了後の時間外取引では株安を嫌気して伸び悩み、主に114ドル台で推移した。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  36.67ドル   -0.53ドル(-1.42%)

モルガン・スタンレー(MS) 85.00ドル   -1.14ドル(-1.32%)

ゴールドマン・サックス(GS)321.85ドル  -5.00ドル(-1.53%)

インテル(INTC)        44.11ドル   -0.31ドル(-0.70%)

アップル(AAPL)        148.71ドル  -0.13ドル(-0.09%)

アルファベット(GOOG)    2282.74ドル +1.96ドル(+0.09%)

フェイスブック(FB)     188.64ドル  -5.00ドル(-2.58%)

キャタピラー(CAT)      217.57ドル  +1.72ドル(+0.80%)

アルコア(AA)         62.41ドル   +0.69ドル(+1.12%)

ウォルマート(WMT)      125.45ドル  -3.18ドル(-2.47%)