2日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り、129円後半から130円付近に値を戻した。米10年債利回りの低下で序盤はドル売りに振れたが、その後先高観からドルは買い戻された。ただ、日経平均株価などアジアの主要指数は弱含み、円買いがドルの戻りを抑えた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は129円97銭から130円24銭、ユーロ・円は138円40銭から138円74銭、ユーロ・ドルは1.0645ドルから1.0659ドル。



【要人発言】

・安達日銀審議委員

「あくまでも2%の物価目標達成に向け、緩和政策を継続することが必要」

「引き締めへの修正、物価妄評達成の観点で時期尚早」



【経済指標】

・日・5月マネタリーベース:前年比+4.6%(4月:+6.6%)

・豪・4月貿易収支:+104.95億豪ドル(予想:+90.00億豪ドル、3月:+93.14億豪ドル)