(13時50分現在)



S&P500先物      4,180.40(+3.6)

ナスダック100先物  12,900.50(+7.6)





米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅高、NYダウ先物は10ドル高。NY原油先物(WTI)は失速し、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。





2日の主要3指数は反発。序盤はやや不安定ながら徐々に買いが膨らみ、ダウは435ドル高の33248ドルと高値で引けた。この日発表された雇用関連統計は強弱入り交じる内容で、ブレイナード連邦準備制度理事会(FRB)副議長の引き締めに前向きな見解は売りを誘発。ただ、業績見通しを下方修正したマイクロソフトが上昇に転じると地合いは改善に向かい、アマゾンやテスラといった主力ハイテク株が買われ相場をけん引した。





本日は上げ渋りか。注目の雇用統計で非農業部門雇用者数は減少、失業率は改善と強弱まちまちの見通し。景気の回復持続が意識されれば好材料となる半面、労働市場の活性化は頭打ちとの見方が広がれば売りは再開。また、主要産油国による原油の追加増産は限定的だったためかえって相場を押し上げ、インフレへの懸念が再燃しかねない。FRBの13-14日の政策決定でタカ派姿勢を堅持するとの思惑は、売り圧力を強める要因となりそうだ。