欧州市場でドル・円は130円10銭台と、底堅く推移。この後発表される米雇用統計は強弱まちまちの内容が予想され、おおむね想定通りなら金利高・ドル高に振れやすい展開に。一方、米引き締めへの思惑で株価は弱含み、株安を嫌気した円買いが警戒される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は129円69銭から130円09銭、ユーロ・円は139円62銭から139円84銭、ユーロ・ドルは1.0733ドルから1.0762ドル。