(13時50分現在)



S&P500先物      4,131.90(+23.4)

ナスダック100先物  12,647.00(+99.0)





米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は堅調、NYダウ先物は140ドル高。長期金利の一段の上昇は抑制され、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。





3日の主要3指数は反落。寄り付きから売り優勢で持ち直す場面もみられず、ダウは348ドル安の32899ドルで取引を終えた。この日発表された雇用統計で失業率は予想ほど改善せず、前月から横ばい。一方、非農業部門雇用者数は想定を上回り、前月は上方修正された。それを受け、連邦準備制度理事会(FRB)による引き締め加速に思惑が広がり、売りが膨らんだ。特に、金利高を背景としたハイテク関連への売りが下げを主導した。





本日は上げ渋りか。自律反発狙いの買いが入りやすい地合いで、上昇基調の可能性があろう。一方、10日発表の消費者物価指数(CPI)でインフレ高進は一服するか見極める展開だが、NY原油先物(WTI)は1バレル=120ドル台が視野に入り、経済への影響が意識されよう。また、FRBはタカ派姿勢を緩めておらず、景気を圧迫するとの見方が売りを誘発。加えて長期金利は高止まり、ハイテク関連への売りが続けば指数を下押ししそうだ。