6日午後の東京市場でドル・円は値を戻す展開で、130円70銭付近に上昇した。米10年債利回りの先高観は続くものの、足元は伸び悩み、ドルへの買いは入りづらい。一方、米株式先物は堅調地合いとなり、今晩の株高期待から円売りに振れているもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円43銭から130円99銭、ユーロ・円は139円84銭から140円40銭、ユーロ・ドルは1.0710ドルから1.0735ドル。