6日午後の東京市場でドル・円は130円60銭台と、ほぼ変わらずの値動き。日経平均株価は前週末比154円高で取引を終えたほか、アジアの主要指数や米株式先物の堅調地合いで円売りに振れやすい。一方、米金利の先高観から、ドルは売りづらいもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円43銭から130円99銭、ユーロ・円は139円84銭から140円40銭、ユーロ・ドルは1.0710ドルから1.0735ドル。